NPO建築とアートの道場 2019レクチャーシリーズ

『理論としての建築家の自邸』第3回アシタノイエ

curation:門脇耕三+ produce: 長谷川逸子

 

趣旨

建築家の自邸は、実験としての側面を強く帯びることが往々にしてありますが、その実験は多くの場合、理論的な裏付けをともなって行われます。建築家の自邸は、むしろ、建築家がそれまで鍛え上げてきた理論を、創作と自らによる居住を通じて検証する場であるという方が正確かもしれません。

このレクチャーシリーズでは、理論と創作にまたがる実験としての建築家の自邸に迫るため、建築家によるレクチャーとあわせて見学会を実施し、そこで検証された理論の可能性について、参加者と一緒にディスカッションを行います。ふるってご参加ください。なお、このシリーズは1年間を通じて継続的に開催していきます。(門脇耕三)

 

第3回 小泉雅生〈アシタノイエ〉-----クリティック:五十嵐太郎

2019年7月6日(土)

●見学会:アシタノイエ(神奈川県横浜市)時間予約制、各回定員12名

                   設計者による解説があります。

1)12:30-13:30

2)13:30-14:30

3)14:30-15:30

4)15:30-16:30

●レクチャー 18:30-20:00/gallery IHA Lecture room(1F)

*見学会とレクチャー両方にご参加ください。いずれかのみの参加は原則として不可とします。
*お申し込みの際に見学時間を第3希望までお選びください。

*見学会の場所の詳細はお申し込み後にお知らせします。

予約制・定員48名 締め切りました

一般料金:2000円(見学会参加費500円+レクチャー参加費1500円、会員は見学会費のみ)

(参加費は当日各会場でお支払いください。特に見学会はお釣りが必要ないようにご準備ください)

6/22(土)予約締切:お申し込みが定員を超えた場合は会員優先+抽選といたします。

     お申し込みが定員を超えない場合は、最長で7月5日まで締め切りを延長しますが

     6月22日以降は、定員達し次第お申し込みを締め切ります。

*お申し込み多数の場合は会員のみなさまを優先します。 この機会にぜひNPO建築とアートの道場会員への入会をご検討ください。

*お申し込み件数が定員を上回りました。
できるだけ多くの方にご参加いただけるように定員枠を広げるなど努力いたしますので、参加ご検討中の方は22日までに申し込みをお願いいたします。

*お申し込みを締め切りました。​できるだけ多くの方にご参加いただけるように調整いたいます。28日(金)までに、参加ご予約が確定した方に、見学時間などのお知らせをいたします。

*6月27日:さきほど、ご予約が確定した皆様に見学時間と場所のご案内をお送しました。

  若干名、ご案内メールが届かなかった方もいらっしゃいます。

  案内メールが届かない、見学時間と場所がわからないという方は、お問い合わせください。

  gallery.iha@ihasegawa.com

  今回は見学者数枠を増やしていただくことで、お申し込みの皆様にご参加いただけるように

  なりました。

  

------------------------------------------------

NPO 建築とアートの道場とは

 「特定非営利活動法人 建築とアートの道場」は、長谷川逸子が主宰し、旧長谷川逸子・建築計画工房事務所を改修したgallery IHAを活動拠点とするNPO法人です。社会変化の著しい日本にあって、日本の伝統や文化を考えながら若い建築家を国際的建築家に育て成長させること、これからの建築を担っていく若い優れた建築家を育成すること、社会的に弱い立場にある人たちの作品展示やものづくりワークショップを支援することをめざして設立されました。この活動を支援してくださる会員を募集しております。個人会員の場合は、年会費1万円から、毎年6月更新です。

A4 size
上の画像と同じです。
A3 size
講師経歴付きです。


 
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now